給付の種類

●基本部分と加算部分

当基金の年金には、国の老齢厚生年金の一部(報酬比例部分)を代行する「基本部分」と基金独自で上乗せする「加算部分」があります。

基本部分は、基金が代行する老齢厚生年金にプラスアルファが上乗せされた年金(基本年金)です。
加算部分は、基金が独自に設計した給付で、加算年金と一時金(選択一時金・脱退一時金・遺族一時金)があります。



●年金の受給開始年齢

老齢厚生年金と老齢基礎年金の受給開始年齢は65歳ですが、経過措置として60歳から65歳になるまで「特別支給の老齢厚生年金」が支給され、65歳になった時点で、老齢厚生年金と老齢基礎年金に切り替わることになります。

基金から受けられる基本年金は、老齢厚生年金の報酬比例部分を代行しているため、受給開始年齢も国と同じ取扱いとなります。また、加算年金の受給開始年齢も同様の取扱いになります。
男子 生年月日 年齢
昭和28. 4. 1 以前 60歳
昭和28. 4. 2 ~ 昭和30. 4. 1 61歳
昭和30. 4. 2 ~ 昭和32. 4. 1 62歳
昭和32. 4. 2 ~ 昭和34. 4. 1 63歳
昭和34. 4. 2 ~ 昭和36. 4. 1 64歳
昭和36. 4. 2 以降 65歳
女子 生年月日 年齢
昭和33. 4. 1 以前 60歳
昭和33. 4. 2 ~ 昭和35. 4. 1 61歳
昭和35. 4. 2 ~ 昭和37. 4. 1 62歳
昭和37. 4. 2 ~ 昭和39. 4. 1 63歳
昭和39. 4. 2 ~ 昭和41. 4. 1 64歳
昭和41. 4. 2 以降 65歳