在職中の年金調整

国の老齢厚生年金の受給権のある60歳以上の人が在職中(厚生年金保険被保険者)の場合は、給与(賞与を含む)と年金額によって、受けられる年金が調整(停止)されます。
基金から受ける年金も国と同じ取扱いになっているため、基本年金および加算年金が調整(停止)される場合があります。

●60歳台前半で働いている人の年金調整

60歳~64歳までの特別支給の老齢厚生年金の受給権のある人が在職中の場合は、退職または65歳に達するまでの間、給与(総報酬月額相当額)と基本月額(年金額の1/12)によって、受けられる年金が調整(停止)されます。

年金調整によって、在職中に基本年金が一部でも受けられる場合には加算年金は全額受けられます(基本年金が受けられない場合には、加算年金も受けられません)。
調整の要件 調整後の年金
給与(総報酬月額相当額)と基本月額(年金額の1/12)の合計が28万円以下の場合 基本年金のプラスアルファ部分を除く年金が受けられます
給与(総報酬月額相当額)と基本月額(年金額の1/12)の合計が28万円超の場合 年金の一部または全額が受けられません

●60歳台後半で働いている人の年金調整

65歳~69歳までの老齢厚生年金の受給権のある人が在職中の場合は、退職または70歳に達するまでの間、給与(総報酬月額相当額)と基本月額(年金額×1/12)によって、受けられる基本年金が調整(停止)されます。
なお、年金調整によって基本年金が受けられない場合であっても、加算年金は全額受けられます。
調整の要件 調整後の年金
給与(総報酬月額相当額)と基本月額(年金額の1/12)の合計が46万円以下の場合 基本年金と加算年金の全額が受けられます
給与(総報酬月額相当額)と基本月額(年金額の1/12)の合計が46万円超の場合 基本年金の一部または全額が受けられません

●70歳以上で働いている人の年金調整

70歳以上で老齢厚生年金の受給権のある人が在職中の場合は、退職するまでの間、給与(総報酬月額相当額)と基本月額(年金額×1/12)によって、受けられる基本年金(プラスアルファを除く)が調整(停止)されます。
なお、年金調整によって基本年金が受けられない場合であっても、加算年金は全額受けられます。
調整の要件 調整後の年金
給与(総報酬月額相当額)と基本月額(年金額の1/12)の合計が46万円以下の場合 基本年金と加算年金の全額が受けられます
給与(総報酬月額相当額)と基本月額(年金額の1/12)の合計が46万円超の場合 基本年金の一部または全額が受けられません